製品一覧

鋼構造 溶接用 CAD/CAMシステム

Mr.D-Weld

切断現場の要求を徹底追及!

CADデータ(2次元・3次元)データを次のシステムへ活用する事により、さらに溶接技術としての継承が行える自動溶接ロボット教示データ作成ソフト「Mr.D-Weld」です。

本製品は多品種少量生産への対応として、設計~生産設計~溶断、マーキング~仮組~本溶接の一体化システムが可能となります。また、部材化 ・部材結合認識(組立) ・配置位置設定より溶接線の自動生成にて、最適な諸条件・教示データを自動引当を行い、対話式による任意の溶接線も作成/修正が可能となります。

イメージ

各種データの読み込み

CADデータ・2次元データ・3次元データ・ANS熔断データ・JIP-CLデータを取り込み活用できます。(高度な3次元データ作成は必要ありません)

各種データの読み込み

以前に、溶接ロボットをお持ちのお客様より「ロボットを稼動させる為の新しいデータ作成が必要であり、また、そのための時間も必要である。」というような、貴重なご意見を耳にすることが出来ました。

確かに、ロボットを導入したものの、再度ロボットのプログラムを作るようでは時間の無駄です。

よって、すでに作成済みの熔断データやマーキングデータを、システム内部で処理し、溶接作業に必要なデータを作成できるので、データ作成時間を短縮できます。

また、熔断データを溶接部材データとして利用しますので、実物と溶接部材データとの整合性は確実的に取れていますので、高効率・高品質の溶接が行えます。

CADデータ変換図例

この事によって今までのCADデータを作成する時間の省力化が可能になりました。

※お客様からの要望があれば、3次元データへ変換取込機能も行います。

ロボットデータの確認・転送及び基本稼働範囲

若年層にてロボットをコンピューター操作にてユーザ独自の溶接技術アップ。及び、継承体制の確立が出来ます。(若年層への溶接に関して、興味 執着 生成)

ロボットデータの確認・転送及び基本稼働範囲

現場では、作業中の人に対する危険環境を考える必要があります。

いつ、誰が、どのように危険にさらされるか、わかりません。

ロボット導入によってできる限りの危険回避を行うことが出来ます。

溶接ロボットが実際にどのように稼動するのかを、視覚的に確認することが出来ます。

ロボット教示データを確認するシミュレーションにて、ロボットの稼動状況、ロボットアームの運動速度・稼働時間、また、溶接に関する電流・電圧・ウィービング速度・溶接時間など、さまざまな状況を確認することができるうえ、修正することも可能です。

上記作業により、今まで構築した教示データと溶接条件データを保存しロボットへデータを転送します。転送状況はパソコンに保存している環境と、ロボットから実物などの環境を比較移動してデータと同じ溶接を行う事が可能です。

イメージ

大新技研では(株)神戸製鋼様と共同開発したシステムと、ロボットを製品化しました。

お客様のニーズにお答えできるようにシステムと溶接条件などをご提案させて頂きます。

イメージ

ロボット稼働

稼働率の向上として溶接教示データをシミュレーションシステムで、チェック、修正が可能。(ロボット稼動状況の確認で安全かつ予想判断かつ24時間稼動)

投資効果を最大限に追及できる環境支援を行います。(品質・単価・時間などのローコスト)

現在の溶接工に関する問題

●水門用図面CLデータ変換図

・若年層では雇用問題/技術不足などの問題
・熟年層では高収入/健康管理などの問題

他にも現場では様々な問題点があると思われます。

そこで、ロボットを稼動させる為のロボットデータは若年層が得意とするパソコンで管理することにより、過去に作成したデータを今の部材に引き当てることができる学習能力をフルに発揮した溶接が必要になると大新技研は考えています。

さらに、溶接工の方々には溶接ロボットが出来ない溶接部分と特殊な溶接など、高度な技術を必要とする部分に専念することで、さらなる技術力の向上を図っていただきたいと思います。

イメージ

Mr.D-Weld導入後の作業効率比較(ユーザー実績)

イメージ
  手溶接
(半自動溶接)
ロボット溶接 作業短縮時間
ロボット稼動データ作成時間 無し 1時間弱 -
溶接実行時間 7.5時間 3.5時間 -4時間
溶接仕上げ時間 3時間 2時間 -4時間
溶接面仕上げ時間 2時間 2時間 -
休憩時間 3時間 無し -3時間
溶接合計時間 15.5時間 7.5時間 -8時間
イメージ
  手溶接
(半自動溶接)
ロボット溶接 作業短縮時間
ロボット稼動データ作成時間 無し 2時間 -
溶接実行時間 100時間 30時間 -70時間
溶接仕上げ時間 10時間 7時間 -3時間
溶接面仕上げ時間 5時間 3時間 -2時間
休憩時間 45時間 無し -45時間
溶接合計時間 160時間 42時間 -118時間

外観ビード状況

ロボットを稼動させる為には、ワーク(溶接構造物)の位置と、教示データの位置を比較移動させることで、 溶接データの転送が可能。(データ転送機能にて、実物とCADデータの整合性を取れます。)

ソフトウェアの資料を無料でお届けします。

無料資料請求

製品やサービスに関するご質問など
お気軽にご相談ください

音声ガイダンス

受付時間

9:00〜12:00、13:00〜18:00
月曜日〜金曜日(土日祝日、弊社休業日を除く)

資料請求はこちらよりどうぞ 資料請求はこちらよりどうぞ
資料請求はこちらよりどうぞ 資料請求はこちらよりどうぞ