製品一覧

JIP-CL橋梁部材自動変換システム

CLオートチェンジャー

Windows10 対応

JIP-CLデータに簡単変換!

DXFデータから、JIP-CLデータを自動的に作成しますので、橋梁の原寸作業におけるデータ変換作業を大幅に減少できます。

DXFデータの取込み後、各種属性データ(部品名称・板厚・材質・部材重量・矩形重量)が出力可能です。

イメージ

JIP-CL連続変換機能で作業の効率化を!

『CLオートチェンジャー』では『JIP-CL連続変換機能』により、多数の図面データを一括変換できます。

これまでのような時間のかかる工程を踏む必要がありません。

弊社汎用CADシステムと比較して、1枚のDXFデータを変換し要素属性を切断情報モードに変更し、JIP-CLデータ変換登録作業時間は約1分かかります。300枚のDXFデータの処理を行うのに1分×300ファイルで300分、約5時間必要となります。

しかし「CL AUTO CHANGER」ではDXF変換設定作業に約1分、300枚の変換設定に約1分、あとはシステムで自動処理を行いますので、システム導入効果は絶大です。

DXFデータ ⇒ JIP-CLデータ変換

DXFデータから、JIP-CLデータを自動的に作成しますので、橋梁の原寸作業業務におけるデータ変換作業を大幅に減少できます。

「DXFデータ入力設定」・「JIP-CL連続変換機能」を活用することにより、DXFからJIP-CL変換作業が完全自動化できます。

イメージ

部材データのCSV出力可能(部品属性出力)

DXFデータ取り込み後、部材の各種属性データ(部品名・板厚・材質・部材重量・矩形重量)を出力することが可能となっています。

出力する項目はユーザー独自で設定することができ、見積書用のデータとして流用することができます。

体験版ダウンロード

無料で機能制限がない体験版をお試しいただけます
(試用期間3ヶ月)

オンラインショップ

このページのソフトウェアを送料無料でお届けします

ソフトウェアの資料を無料でお届けします。

無料資料請求

製品やサービスに関するご質問など
お気軽にご相談ください

音声ガイダンス

受付時間

9:00〜12:00、13:00〜18:00
月曜日〜金曜日(土日祝日、弊社休業日を除く)

資料請求はこちらよりどうぞ 資料請求はこちらよりどうぞ
資料請求はこちらよりどうぞ 資料請求はこちらよりどうぞ